FXが人気を集める4つの魅力

FXの人気は留まることを知りません。これほど多くの人をFXへと駆り立てる理由はどこにあるのでしょうか。従来の株取引といった投資スタイルと決定的に違うのは何か、FXの魅力について解説していきます。


■1.まとまった資金は不要、それでも大きな成果がある

FXにはレバレッジというオプションがあります。これは少ない資金でもレバレッジをかけて数倍もしくは数十倍の金額にして、取引をすることができるというものです。そもそも投資を始めるからと言ってすぐに100万円を投資金としてポンと用意できる人の方が少ないのではないでしょうか。手持ちの資金がなければ投資はあきらめる・・・しかしFXなら10万円の手持ちが10倍のレバレッジ作用で100万円となり、それを元にFX取引が実現するのです。もちろん取引が成立した場合の利益も大きくなりますし、逆に損失にも気をつけなければなりませんが。

海外のFX取扱事業者ではレバレッジ数百倍といった桁外れなものもあります。日本では規制によりコントロールされ最大25倍までとなっています。
それでも、手持ちの3倍までしか取引できない株の信用取引と比較すれば十分な金額ではないでしょうか。
リスク管理は必須となりますが、まとまった資金を用意せずとも大きな利益を期待できる投資という点でFXは多くの人から支持されているというわけです。


■2.金利差を利用して利益をあげる

日本で金利と聞いたところで何とも感じないのが正直なところでしょう。どれだけ預金をしていても通帳に記載されるのは微々たるものですから、ほぼ0金利と言っても間違いではありません。しかし一歩海を渡れば金利の高い国もあります。金利の低い国と高い国の差をスワップ金利と言い、これを利用して利益を上げることができるのがFXなのです。

例えば金利が高い国で5%、低い国で1%、この二つの国での金利差は4%となりますよね。ここで金利が1%の国の通貨で、5%の国の通貨を購入すると金利差の4%が利益となります。似たような投資の種類に外貨預金がありますが、FXの場合はまず手数料が低いという利点があります。同じ金利差を利用する投資ならばFXの方が魅力的なのではないでしょうか。


■3.日本の市場が閉まってもFXなら取引可

日本の株式市場はもちろん開いている時間のみの取引となります。市場が閉まれば取引を続けたくてもそれはできません。FX取引ならば日本の市場が閉まっても海外の市場が開くということになり、ほぼ24時間好きな時に取引できるのが嬉しいところです。昼間は仕事でFXできないという方でも夜から取引開始ということも可能ですし、その分チャンスも多くなります。


■4.リスクコントロールさえすれば安心の取引

よくFXで大損したなどと耳にして海外FXでは為替の動きが相当激しいのか?と勘ぐっている方もいるかもしれません。しかし実際のところ値動き自体はそんなに激震的なものではありません。FXで大損してしまうのはレバレッジのかけかたや、損切りのタイミングを逃してしまった場合などです。しっかりとリスクをコントロールしていれば基本的には安心できる取引なのです。