FX「外国為替証拠金取引」

リーマンショック時に株価が暴落して大きな損失を出したということを聞きます。株ではなくFXでも損失を出してしまった人がいました。それと同時に「年間1億円稼いだ」とも聞きます。

そもそもFXとは何でしょうか。
FXとは「Foreign eXchange」もしくは「margin Foreign eXchangetrading」の略で日本語では「外国為替証拠金取引」を意味します。これだけ言ってもよく分からないと思います。簡単には「外国のお金(外貨)と日本円の売買」のことを言います。「お金を売買?」と感じる人もいるかもしれませんが、イメージ的には両替だと考えてください。

「1ドル=100円」の時に1万ドル(100万円)を買った(両替)とします。それが「1ドル=110円」の時に売った(両替)とすると手元には110万円が残ります。100万円が110万円になり、10万円増加したことになります。これが「外国のお金(外貨)と日本円の売買」であるFXです。

しかし100万円を持っていないと10万円稼ぐことはできないのでは?と感じる人もいるかもしれません。大きな利益を出したければ前提としてたくさんお金を持っていないといけないわけですから、「お金持ちにしかできない」と取れます。そこでFXは大きなお金を持っていなくとも高額の売買ができるような仕組みが出来ました。

それが「レバレッジ」です。レバレッジは簡単には「てこ」です。小さな力で大きなモノを動かすことができるのが「てこ」ですが、FXではこうなります。レバレッジを使うと手元にあるお金の何倍ものお金で取引ができるようになります。例えばレバレッジが20倍だとすれば手元に100万円あれば2000万円分の外貨の取引きが出来てしまうことになります。さらに100万円の取引の場合はわずか5万円あれば外貨の取引ができます。

そしてFXには売買で稼ぐ以外にももう一つ稼ぐ方法があります。日本に限らず世界中のお金には「金利」があります。日本の銀行に預けた際の銀行側が支払う「手数料」のようなものです。金利についての詳しい説明はこちらからクリック。そしてこの金利水準はそれぞれの国によって異なっています。日本の場合は「ゼロ金利」とよく言われるように限りなく0に近いです。0.1%くらいです。

金利は通貨を買った時にもらえます。例えば金利が3%の国も通貨を買うと日本円との金利差である「3−0.1=2.9%」がもらえることになります。日本の銀行では0.1%しかもらえなかった金利が国が違うだけで2.9%ももらえるようになります。通貨を買うと大抵は1日ごとに金利もらえますから「外国のお金(外貨)と日本円の売買」であるFXの場合も金利という利益増加が見込まれます。

このように様々な方法で少額で高額の利益を得ることができるのがFXの特徴です。